Nomadと旅して生きる

脱サラしてNomad Workerと一緒になったら見えてきたこと

バリ島でGrabfoodを頼んでみた

一日遊び疲れて、夕飯のために街に繰り出す元気もなかったので、

Grabのアプリでフードデリバリーを頼んでみました。

 

GrabCarと要領は似ていますが、クレジットカードを登録していても現金払いになることがありますので注意してください。

 

1 GrabアプリのFoodを選択

2 Deliver to -- ここに配達先を入力

3 Any craving? ここにレストラン名を入れて検索

 

私はここで注文しました。

Warung ANKA - Legian

レギャンにある地元の方向けのワルン(食堂)です。

ミーゴレン Bakmi Goreng Ayam + 卵 Telor Rp23K

アヤムバカール Ayam Bakar + Nasi Rp25K を注文して、待つこと20分。

地元の学生らしき青年がバイク届けてくれました。

配達料はものすごく安い(たったのRp3K)ので、チップも合わせてあげました。

 

料金

料理 Rp48K + 配達Rp3K + チップ4K = Rp55,000 (約450円)

 

きちんとプラスチックの容器に入っていて、美味しかったです。

現地の人向けのワルンは外国人である自分が買いに行くと高くなることもありますし、とにかく楽だし明朗会計なのでおすすめです。

 

 

 

バリ島 デンパサール空港からGrabCarを使ってみた

声かけぼったくりタクシーと、高すぎる正規空港タクシーで悪名高いデンパサール空港で、GrabCarを使ってみました。

 

まずはデンパサール空港のWifiに接続。

あらかじめインストールしておいたGrab Appを起動して、

出発地点を "Terminal Keberangketan International Ngurah Rai International"に設定。

長い名前・・。

私の場合は、到着地点はスミニャックのホテルまで。

そうすると価格とGrabCarの到着までのおおよその時間が出るので、"Book"を押します。

ドライバーを探してくれて、見つかったらあとはドライバーとアプリ内のメッセージ機能で連絡を取り合います。

 

この時、車のナンバーは必ずチェックしておきましょう。

 

ドライバーさんに聞いたところによると、ピックアップ場所はバラバラで特に決まってないんだとか。

立体パーキングに来てくれと言われることもあれば、バス乗り場の横だったり、

こればっかりは空港のwifiが通じる場所であらかじめ聞いておきましょう。

ちなみに国内線のミーティングポイントも、ドライバーさんにとって場所があんまり良くないようで、結局どこで待ち合わせするか相談しなきゃいけないようです。

 

今回は44000Rp +5000Rp(到着後に追加された料金で、空港の利用料。高速料金などもこのように追加されるので驚かないでください。)で

合計 RP 49K(400円)で行くことができました!!!(バリ島は1000をKと省略します)

 

クレジットカード登録していれば支払はないのでそのまま降りてOKで、カード未登録であれば現金払いです。お釣りはない場合がほとんどなので、注意しましょう。

到着後はホテルのWifiで評価の星をつけて終了。

評価はドライバーさんにとって大事なので、特に何か悪いことをされなければ星5つ付けてあげてくださいね。

 

 

 

バリ島のウブドでノマド ー旅の計画ー

バリ島は6月から乾季です。

これからベストシーズンを迎えるバリ島の中でも

有名なコワーキングスペース "HUBUD" があるウブドに行くことにしました。

ここは緑が豊かで居心地の良い環境が好まれて長期滞在の外国人も多いです。

新しいコワーキングスペースの "OUTPOST"も良いという噂なので、2つ行ってみて比較しようと思います!

 

まずは航空券。

エアアジアXの割引チケットで、成田から往復22,860円(一人あたり)。

これとは別に20kgの荷物料金が7,800円。

 

宿泊は2000-3500円くらいの民宿-ビジネスホテルくらいのところを予約しました。

これらについても、宿泊したらまた詳しくご紹介したいと思います。

 

旅の最中の移動についていろいろ調べたところ、Grabアプリが良さそうなので

アプリをインストールして価格調査。

デンパサール空港から空港のタクシーを使うとKuta地区まで200,000-350,000Rp(1500-2700円 rate 0.0077)とかふっかけられることもあるらしいのですが、

Grabアプリだと30,000Rp (230円)でいけちゃうんです。

 

また、最近デンパサールの国内線にGrabピックアップポイントも新設されたとのこと。

国際線出口からGrabに乗れるかもチェックして来ようと思います。

 

 

石垣島 屋良部岳登山 移住体験 10日目

体を動かしに、登山をしに行きました。

石垣島中心部から比較的近くにあるのが、ここ屋良部岳です。

 

あまり情報がなく、観光客もまず来ないこの山に行ってみるのは

ある意味チャレンジでしたが、

結論から言うと、そこそこ楽しめます!

 

ちなみに、登頂まで片道10分から15分程度で登れます。

果たして登山と言えるのか。笑

 

ここの難点は、行き方が分かりづらいこと、登山道が整備されていないこと、

万が一怪我をして助けを求めたくても他に人がいないことです。

 

片道10分程度とはいっても、きちんと装備を整え、二人以上で行きましょう。

 

かなり歩きづらい箇所がたくさんあるので、サンダルでは無理でしょう。

また、草木がジャングルのように茂っているので長袖・長ズボンで行くことをお勧めします。

 

屋良部岳の登山開始場所の目印はこれです!

とっても見落としやすいです。

 

f:id:tenminutesjazz:20170317184834j:plain

 

 

f:id:tenminutesjazz:20170317184902j:plain

 

親切な方がつけてくれた看板も取れてしまったようで、下に置いてありました。 

少し先に車2台くらいが止まれる場所があります。

 

この看板から登ること約10分で頂上です。

 

 

 

 

 

 

石垣島で釣り 初心者の準備編

 

石垣島の綺麗な海で釣りをしてみたーい!

 

とはいえ、釣りについて何にも分からないド素人なので、

とりあえず海の総合スーパー島という釣り専門店に向かいました。

 

釣具店には、

レンタル竿もあれば、超安い竿、結構お高い竿、釣り以外の海関係のグッズと、

大体なんでも揃いそうな品揃えです。

 

釣りについて知識がなさすぎたので店員の方に聞いてみました。

 

何を聞いたらいいかもわからなかったけど、

石垣島に1ヶ月滞在する予定なんですけど、

レンタルの竿と、安い竿を買うのと、どっちがいいと思いますか?」

 

そうしたら、

安い竿を買うのが良いと思うと言って、いくつか勧めてくれました。

 

竿にはリールがついていて、1400円。

 

それ以外に必要なものも教えてくれて、

・おもり70円(小さい鉛)

・仕掛け180円(1号って書いてある一番小さいやつ針がついている釣り糸)

・冷凍の餌100円(ニンニクが入っているペースト状のかたまり)

 

合計1750円。

 

レンタル竿の場合、全部で1100円(24時間)

 

なので2日以上やるなら買ったほうがお得です。

簡単な使い方や、近くの釣り場についても教えてくれました。

 

買った釣竿はこんな感じのやつです。

 

 

 

 

 このほかに、ダイソー

 

・雑巾3枚組

・バケツ

 

を購入しました。

けど本当は、ダイソーのバケツではなく、

海釣り用の紐付き折りたたみバケツをお勧めします。

 

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B CONCEPT 活かし水くみ  ブラック 21cm

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B CONCEPT 活かし水くみ ブラック 21cm

 

 

雑巾は、魚から針を抜くときに魚を押さえる為に1枚、手を拭く為に1枚です。

タオル2枚の方がいいと思いますが、雑巾3枚組方が安いです。笑

 

 

 海の総合スーパー島

 石垣市八島町1−5−7

 営業時間 8:00から20:00

 定休日 なし(不定休)

 

 

石垣港を見ながらノマドワークできる”ブルーカフェ石垣島” 移住体験 9日目

ここ”ブルーカフェ石垣島”は離島ターミナルからすぐのとても便利な場所にあります。

ホテルのカフェなので、朝早くから遅くまで営業しています。

 

今日注文したのはスープランチです。

きのこのポタージュに、きのこサラダとバゲットがつきます。

ホットコーヒーはセルフサービスで飲み放題です。(紅茶はありませんでした)

 

ポタージュはボリュームもあり美味しかったです。

バゲットは固くてパサついていました。

 

f:id:tenminutesjazz:20170316123437j:plain

 

ここはフリーwifiもあり、席数も多いので長居しやすいです。

ホテルが併設されているので外国人のお客様が多く(国籍が様々な感じです)、

異国の雰囲気が味わえます。

石垣港の目の前にあり、窓が大きく開放感があるので居心地の良いカフェだと思います。

 

まだオープンして半年ほどなのでとても新しくて綺麗でした。

 

f:id:tenminutesjazz:20170316123520j:plain

 

ブルーカフェ石垣島

 営業時間 6:30から18:00(夏季は夜の営業あり)

 年中無休

 

HPに載っていたメニューとは違っていたので、

2017年3月の情報としてご理解ください。 

 コーヒー単品 500円 (モーニングの時間帯は300円)

 スープランチ 800円

 パスタランチ 1100円〜

石垣市立図書館に行ってみた 移住体験 8日目

 

石垣市にある唯一の図書館です。

場所は離島ターミナルから徒歩5分のところにある

石垣島らしい赤い屋根瓦が特徴の建物です。

 

中は広くて開放感があり、くつろぐことができますし、

高校生以上の大人が利用できる勉強室もあります。

都内の大きな図書館より空いていて、使い勝手が良かったです。

 

何より、無料で利用できます。

(もちろん市外の人に本の貸し出しはできませんが)

 

結構素敵な場所なので、勉強や仕事をするのに良いスポットだと思います。

 

石垣市立図書館

 住所 石垣市浜崎町1−1

 開館 10時から19時(平日)

    10時から17時(土日)

    月曜定休