Nomadと旅して生きる

脱サラしてNomad Workerと一緒になったら見えてきたこと

石垣島から日帰り”竹富島” 究極の猫スポット 移住体験6日目

石垣離島ターミナルから高速船で15分。

船は30分おきに出ています。

往復1150円。

 

竹富島は2回目なので、今回はレンタル自転車を借りずに徒歩で周りました。

結論から言うと、常夏の気温でなければ徒歩で全然周れます。

この日は気温25度なのでそこそこ暑かったですが、

涼しい風が吹いていたので大丈夫でした。

 

まずは集落まで徒歩20分。

集落には竹富島のお店のほとんどが集まっています。

 

途中、黒い牛(石垣牛かな?)たちや、南国の木々を見ながらひたすらまっすぐ進みます。

 

レンタル自転車を利用する方は、港に送迎バスが来ているのでそちらを利用すると

集落まで連れて行ってくれます。

 

そのほか、竹富島交通というローカルバスもあるので、

そちらを利用して集落やビーチまで移動することもできます。

(港からビーチ 310円、港から集落 200円)

 

そこからさらに20分、コンドイビーチまで行きました。

 

この白い砂浜と透き通った海!!!!!

f:id:tenminutesjazz:20170307111548j:plain

 

竹富島最高!

 

さらにここは究極の猫スポットなのです。

f:id:tenminutesjazz:20170307112455j:plain

ビニール袋をガサガサしてたら、猫がどんどん集まって来て・・・。

この数に圧倒されて場所を取られました。笑

 

3月上旬ですが、天気が良かったので泳いでいる人もほんの数人いました。

海水はまだまだ冷たいです。

ここは無料シャワーとトイレがあります。

 

 

お腹が空いたので集落に戻り、

人気店 ”そば処 竹の子”へ。

f:id:tenminutesjazz:20170307113143j:plain

八重山そば(左)650円と三枚肉そば(右)850円を注文。

出汁の旨味と豚肉が良い感じに混ざって、コクのある美味しいスープです。

 

この雰囲気でこんな美味しい料理が食べれるなんて、

やっぱり竹富島は最高!

 

竹富島 そば処竹の子

 営業時間10:30から16:00(不定休)